ムクゲ

木槿

双子葉、離弁花、 アオイ科、 フヨウ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:3〜4メートル
幹は直立して分枝し、枝はしなやかで強い。 樹皮は灰白色で滑らかである。
葉は7〜9センチの卵形で互生し、有柄であり、先が浅く3裂し、ふぞろいな鋸歯がある。
花は葉腋に1個つき、直径6〜10センチの釣鐘形で、紅紫色であり、 萼は5裂し、花弁は5枚ある。 雄しべは単体で多数あり、花柱は外へ突き出ており、柱頭は5裂する。 萼は黄褐色の星状毛で覆われる。 萼の外側に副萼があり、6〜8本の細い裂片に分かれる。
白色や八重咲きの園芸種もある。
夜明け前に咲いて夕方しぼむが、次々と長期間花をつける。
卵形の刮ハは熟すと割れて、 長い淡褐色の綿毛の生えた腎形の種子を散らす。



花は紅紫色の釣鐘形で、花弁は5枚ある。


花弁の基部は赤い。 (2018/9/13)


柱頭の先は5裂する。 (2015/7/2)


萼の外側に副萼があり、細く裂けた裂片が6〜8本ある。 (2018/6/29)


蕾は丸くて、副萼に支えられている。 (2015/7/2)


開きかけた蕾。 (2015/7/2)


葉は互生する。


葉は3裂し、ふぞろいな鋸歯がある。


刮ハは先の尖った卵形で、星状毛がある。


5つに裂開して、淡褐色の毛が生えた腎形で褐色の種子が現れる。


細い枝が多数斜上する。 (2018/10/7)


幹は灰白色で、平滑である。 (2018/10/7)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る