マサキ

柾、正木

双子葉、離弁花、 ニシキギ科、 ニシキギ属、常緑、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:3メートル
樹皮は暗褐色で縦溝があり、若枝は緑色をしている。
葉は有柄で4〜7センチの楕円形で浅い鋸歯があり、厚くて光沢があって、対生する。
夏に葉腋から出る集散花序に4弁の小さい緑白色の花をつける。
果実は球形の朔果で11月〜1月に4〜5裂し、赤い仮種皮に包まれた種子を出す。




葉腋から出る集散花序に緑色の小さい花が咲く。




若枝は緑色。





果実は丸い刮ハ。




色づいて裂ける。




赤い仮種皮に包まれた種子が現れる。


4つに裂開して種が落ちる。


葉は厚い楕円形で浅鋸歯があり、対生する。樹皮は暗褐色。




若葉。(2017/4/13)


若芽。(2017/4/13)


伸び始めた若芽。(2017/4/13)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る