マンゴー

香椿擬

双子葉、離弁花、 ウルシ科、 マンゴー属、常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:10〜20〜メートル
熱帯植物で、20〜30度のときによく成長するが、 5度ぐらいまで耐えることができる。 花芽をつけるには一時15度ぐらいの低温にあたる必要がある。 発芽してから果実ができるまで、3〜6年かかる。
幹は直立してからよく分枝する。
樹皮は灰褐色で、縦の浅いひび割れがあるが、 ほぼ平滑である。
葉は先の尖った長さ10〜30センチの長楕円形で、 葉脈が明瞭である。 若葉は赤褐色であるが、成長すると緑色になる。
枝先から円錐花序を出し、淡黄赤色の小さな花を多数咲かせる。 雄花と両生花が混在しており、自家受粉もするが、 結実する花はわずかである。
果実は長卵形の液果で、赤紫色に熟す。 中に大きな扁平で固い種子がある。

(2017/1/19)


葉は尖った長楕円形。(互生と対生が混合?)(2017/1/19)


若枝は緑色。(2017/1/19)


樹皮は灰褐色で平滑。(2017/1/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る