キョウチクトウ

夾竹桃

双子葉、合弁花、 キョウチクトウ科、 キョウチクトウ属、常緑、低木〜小高木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:2〜5メートル
株立ち状になり、若枝は緑色であるが古枝は暗褐色になる。
葉は7〜15センチの狭長楕円形で、3枚ずつ輪生する。全縁で厚い革質で、 無毛である。
夏から秋にかけて、枝先に集散花序に淡紅色か白色の花を咲かせる。 花弁は筒状で先が5裂し、裂片がそれぞれプロペラ状に曲がって重なり合う。 八重咲きもある。
果実は10〜14センチの線形の袋果で、直立し、熟すと縦に裂けて、 長い冠毛がある種子が出るが、日本ではほとんど結実しない。
強い毒があり、枝から出る汁を口に入れたり傷口につけたりしないように、 枝を箸などとして使ったりしないように、 注意が必要である。
インド原産。



蕾は赤い。




葉は全縁の狭長楕円形で、3輪生することが多い。


白い花もある。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る