クリ



双子葉、離弁花、 ブナ科、 クリ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:17メートルぐらい
幹は直立し、枝葉がよく繁る。 樹皮は灰黒色で縦の裂け目があり、若枝は淡緑色である。
葉は有柄で7〜14センチの長楕円形で、針状鋸歯があり、互生する。
雌雄同株で、 新枝の葉腋に淡緑色の尾状花穂がつき、雄花が総状に並んでいる下に 雌花が3個丸いイガ状の総苞に包まれてつく。 雄花には萼が6個あって深裂し、雌花も萼が6個あって深く裂け、 花柱は5〜9個ある。 花弁はない。
果実は堅果で、いがとなった殻斗に包まれているが、熟すといがが裂ける。
材は腐りにくい。

果実


果実はイガに包まれる。(2016/7/13)


雄花




雌花 先端の白い毛が雌しべ


果実は未熟のうちから鋭い棘で守られている。(2015/7/11)


葉は先の尖った長楕円形で、するどい鋸歯がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る