クマヤナギ

熊柳

双子葉、離弁花、 クロウメモドキ科、 クマヤナギ属、落葉、低木、多少つる性。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:5メートル
ややつる性で、木は傘状にひろがり、樹皮は紫褐色である。
葉は互生し、4〜6センチの卵形〜長楕円形で、 先は丸いか鈍くとがった形であり、 裏面は白色を帯びる。
夏に葉腋や枝先から総状花序を出して、 黄緑色で直径約3ミリの5弁花を多数つける。 萼片も5枚あり、花弁より長い。
果実は5〜7ミリの長楕円形の核果で、総状につき、 緑から赤を経て、翌年の夏に黒色に熟す。
実ばかりでなく、若葉は山菜として食べることが出来る。



葉は卵形〜長楕円形で先は丸いか鈍くとがり、縁は全縁。 (2018/5/24)


葉は互生する。(2016/4/29)


枝先や葉腋の総状花序に黄緑色の小さい花を多数つける。 (2018/6/29)


花はカップ形で花冠が5裂し、萼片が花弁より長い。 (2018/6/24)


楕円形の核果ができる。(2016/4/29)


核果は緑→赤→黒と変色する。 (2018/6/29)


枝はよく分枝する。 (2015/5/1)


ややつる性で、他の植物にかぶさる。


よじれた幹。(2015/5/1)


冬は葉が落ちている。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る