クコ

枸杞

双子葉、合弁花、 ナス科、 クコ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜11月
高さ:1〜2メートル
束生することが多く、幹は褐色で、 枝は細くしなやかで稜があり、枝先や葉脈には棘がある。 匍匐茎でもふえる。
葉は2〜4センチの楕円形〜披針形で、互生するが、短枝の先に束生状に つくことが多い。全縁で無毛。
短枝の葉腋に淡紫色の花が1〜3個つき、花冠は長さ1センチぐらいの 漏斗状で、上部が5裂する。
長さ約1センチの楕円形の液果がなり、晩夏から初冬にかけて赤く熟す。
果実は果実酒に使われるが、解熱等の薬効もある。



漏斗状で先が5裂した淡紫色の花が葉腋に数個つく。(2015/9/29)


花は短枝の先に束生状につくことも多い。(2015/9/29)


雄しべが突き出す。(2016/10/15)


先の少し細くなった楕円形の液果がぶら下がり、秋に赤く熟す。


(2016/10/20)


葉は楕円形〜披針形。(2016/11/6)


葉は互生するが、短枝の先に束生状につくことも多い。




茎に稜があり、所々に棘がある。(2016/7/27)


枝は細くてしなやか。


株立ちする。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る