コケモモ

苔桃

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 コケモモ属、常緑、小低木。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:5〜15センチ
亜高山帯に生える小低木で、 根茎で株が大きくなり、 直立した幹が密集する。
葉は互生し、長さ1〜2センチの楕円形で、革質で厚くて光沢がある。
花は長さ約6ミリの釣鐘形で、枝先に数個集まって下向きに咲き、 花冠は4中裂し、色は白〜淡紅色であることが多い。
果実は直径6〜7ミリの球形の液果で、秋に真っ赤に熟し、 食べられる。
耐寒性が強い。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る