コデマリ

小手毬

双子葉、離弁花、 バラ科、 シモツケ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:1〜2メートル
茎は束生し、枝は細く、先端が少し垂れ下がる。 若枝の樹皮は赤褐色で、縦筋がある。
葉は2〜4センチの菱形状披針形で互生し、深く切れ込む鋸歯があり、 裏面は粉白色を帯びる。秋に紅葉する。
花は葉が出ると同時に20個ぐらいが枝先の半球形状の散房花序に集まって咲き、 それが弓なりになった枝にいくつも連なる。1つの花は直径1センチ弱で 白く、萼片5、花弁5、雄しべ25ぐらいある。花弁は丸い。
果実は5個の小さい袋果からなる。
中国原産。



束生する。




花は5弁で雪のように白く、中央部が淡褐色。


葉は菱形状披針形で、上半部に深く切れ込む鋸歯がある。






小さい袋果が散房状につく。(2015/10/12)


萼の中に長さ約2ミリの袋果が5個ずつ入っている。(2016/11/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る