カシワ



双子葉、離弁花、 ブナ科、 コナラ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:15メートルぐらい
樹皮は灰褐色〜黒褐色で、不規則に深い縦の割れ目が入る。
葉は12〜32センチの倒卵状長楕円形で互生し、縁には波状の大きな 鋸歯がある。 表面には初め短毛があるがすぐに無毛となり、裏面には短毛と星状毛が 密生する。 葉柄はごく短い。
雌雄同株で、 初夏に葉の展開と同時に新枝の下部から、 10〜15センチで黄緑色〜淡褐色の雄花序が数本垂れ下がり、 新枝の葉腋には雌花が5〜6個つく。 花弁は見えない。
堅果は長さ1.5〜2センチの卵球形で、その年の秋に熟し、殻斗には 先の反り返った長い鱗片がびっしりつく。
材はかたく、建材や家具材として使われ、葉は柏餅に使われる。






波状の大きな鋸歯がある。(2015/5/1)







黄緑色の雄花序が垂れ下がる。




幹。縦の割れ目がある。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る