カリン

花梨

双子葉、離弁花、 バラ科、 ボケ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:6〜10メートル
樹皮は緑褐色でなめらかであり、鱗片状にはがれて雲紋状の痕がつく。
葉は4〜7センチの倒卵形で細かい鋸歯があり、互生する。 裏面ははじめ軟毛があるがのちに無毛となる。
花は5弁の淡紅色で、萼は5裂する。短枝先に1つ咲く。 花柱があって萼筒の長い両生花と、 花柱がなくて萼筒の短い雄花が1つの木に混生する。
梨果は楕円形で10センチ内外あり、黄色でかたく、芳香があり、 油がにじみ出る。
ジャムや果実酒、咳止め薬の材料として使われる。
中国原産

果実




未熟な果実。(2015/9/29)


熟した果実。楕円形で固く、芳香がある。


花は淡紅色で5弁。




花柱と雄しべのある両生花。(2016/4/15)


花柱のない雄花。(2016/4/15)


ヒマラヤカリン。花が白い。(2017/4/13)


葉は倒卵形で鋸歯がある。




樹皮はなめらかで鱗片状にはがれ、まだらとなる。






双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る