カラタチバナ

唐橘

双子葉、合弁花、 ヤブコウジ科、 ヤブコウジ属、常緑、小低木。 用語説明
花期:夏 7月頃
高さ:20〜70センチ
常緑樹の林床などに生える。 茎は葉痕や果柄の痕などででこぼこしながら伸びて、 あまり分枝しない。樹皮は茶褐色である。
葉は8〜20センチの狭卵形〜披針形で波状の鋸歯があり、 互生ではあるが茎の上部に2段ほど輪生状につく。 光沢のある緑色で、無毛である。 常緑樹ではあるが、古い葉は落ちて、葉は茎の上部に数段だけある。
葉腋から花柄を数本出し、各々に散形状に白い花をつける。 花冠は深く5裂し、裂片は反り返る。雄しべは5本ある。
果実は6〜7ミリの球形の核果で、晩秋に赤く熟して翌春まで残る。 黄色く熟すキミタチバナや、白く熟すシロミタチバナもある。

(2015/12/18)


丸い核果が赤く熟す。(2015/10/19)




未熟の果実。(2016/10/4)


熟しつつある果実。(2016/10/27)


熟した果実。(2016/11/4)


花径の先に小さい白い花を散形状につける。花冠は5深裂する。(2015/6/15)

実の黄色いキミタチバナもある。


葉は狭卵形で茎先に輪生状に互生する。


葉は鮮緑色で光沢があり、不明瞭な波状鋸歯がある。(2015/6/1)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る