カラタチ

唐橘

双子葉、合弁花、 ミカン科、 カラタチ属、落葉、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:3メートル
樹皮は灰緑褐色で細長い溝ができるが、若い枝は緑色で、 1〜6センチの鋭い棘が互生する。
葉は3出複葉で互生し、小葉は3〜6センチの倒卵形で、葉柄に翼がある。
葉が展開する前に、葉腋(棘の基部)に、白く、香りのある花が単生する。 花弁は離ればなれに5枚開く。
直径3〜5センチのミカン状の黄色い果実ができるが、食べられない。
柑橘類の台木によく使われる。

白い5弁花が咲く。


子房は丸くて緑色であり、柱頭は平たい。


棘が大きい。




果実は食べられない。落ちると多数の種子が発芽する。


木には手を入れることもできないほど、多数の鋭い棘がある。(2015/4/15)


枝も幹も棘だらけ。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る