カンコノキ


双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 カンコノキ属、落葉〜半落葉、低木〜小高木。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:1〜6メートル
樹皮は灰褐色で、縦に不規則に裂ける。 先端部分の小枝は棘状になることがある。
葉は2.5〜5.5センチの倒卵形で互生し、先は丸く基部はくさび形で、 やや厚く、全縁である。
雌雄異株であるが、同株のものもある。 葉腋から出る長い花柄の先に小さい白い花を束生させるが、 6裂して花弁のように見えるのは萼片で、花柱は合着して円柱状になる。
果実は直径6ミリの扁球形の朔果で、褐色に熟して裂開し、朱色の種子が現れる。
樹液は魚毒として使われる。



葉腋に小さな白〜淡黄色の花を束生させる。(2016/10/2)


蕾。


果実は偏球形の刮ハで、小さい西洋カボチャのような形をしている。




葉は全縁で鈍頭の倒卵形で、2列に互生する。


葉裏は淡緑色。(2016/10/2)


樹皮は灰褐色で、縦にひび割れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る