カマツカ

鎌柄

双子葉、離弁花、 バラ科、 カマツカ属、落葉、小高木。 用語説明
別名:ウシコロシ
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:5〜7メートル
樹皮は暗灰色で、しわがあって斑紋状になる。
日当たりの悪いところでは長く伸びる長枝に葉が互生し、 日当たりの良いところではあまりのびない短枝となり、葉は3枚輪状につく。 葉身は4〜7センチの倒卵形で、鋭い鋸歯があり、 やや薄い洋紙質である。
春から初夏にかけて、直径1センチぐらいの白い5弁花が10〜20個集まった 複散房花序を枝先につける。
果実は8〜10ミリの楕円形の梨状果で、10〜11月に赤く熟す。
材は丈夫で、鎌の柄などに使われる。
ウシコロシという別名は、樹皮から牛の鼻輪を作ったためであり、 牛も死ぬ猛毒を持つわけではなく、果実にも毒はない。




枝先の複散房花序に白い5弁花がつく。




蕾。


楕円形の梨状果が赤く熟す。




果実には花柱が残っている。(2015/10/28)


葉は長枝には互生し、短枝には3枚が輪状につく。


樹皮は暗灰色でしわがある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る