カクレミノ

隠れ蓑

双子葉、離弁花、 ウコギ科、 カクレミノ属、常緑、中高木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:10メートルぐらい
幹は直立し、灰白色で樹皮は滑らかである。
枝先に厚い葉をつけ、日当たりがよくなくてもよく繁る。
葉は長さ7〜12センチで互生し、若木では掌状の切れこみがあり、 老木では切れ込みがなくなることが多いが、 切れこみの大きい葉や小さい葉、切れこみのない葉などがあり、 それらが1本の木に混在することもある。 葉は厚くて光沢がある。 常緑樹であるが、下部の葉は冬に黄いろくなって落葉することがある。
雌雄同株で、枝先に散形花序を出し、黄緑色の花を半球状につける。 花弁は5枚、雄しべは5本ある。
果実は卵形の液果で、黒く熟す。
樹液に漆の成分があり、かぶれる人もいる。



切れこみの大きい葉


切れこみのほとんどない葉


冬に色の変わった葉。(2016/2/13)


下の葉は落ちることがあるので、葉は枝の上方にかたまることが多い。 (2017/4/4)


果実は広楕円形で、花柱の痕がヘソのように残る。(2010/11/5)




樹皮は灰白色で平滑。(2015/6/1)


常緑中高木である。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る