カジカエデ

梶楓

双子葉、離弁花、 カエデ科、 カエデ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:10〜15メートル
別名:オニモミジ
樹皮は灰褐色でほぼ平滑であるが、若枝は赤褐色である。 葉は対生し、直径6〜15センチで掌状に5裂し、基部は心形で、裂片には 粗い鋸歯があって、短毛が密生し、ごわごわしている。
雌雄異株で、葉が展開する前に側芽から散房花序をだし、暗紅色の花をつける。 花弁は5枚、萼片も5枚で、おしべは8枚ある。
翼果の分果は長さ2.5〜3センチで並行にならび、黄褐色の剛毛があり、 10月に熟す。



翼のある2つの分果が鋭角で並ぶ。


(2016/4/29)


側芽から出る散房花序に暗紅色の花が咲く。




葉は掌状に5裂し、あらい鋸歯がある。葉柄が葉身と同じぐらいに長い。


樹皮は灰褐色。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る