ジャケツイバラ

蛇結茨

双子葉、離弁花、 マメ科、 ジャケツイバラ属、つる性、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
別名:カワラフジ
枝はつる状にのび、褐色で、短いが鋭い逆棘がある。
2回偶数羽状複葉が互生し、3〜8対の羽片があり、 その各々に5〜12対の長楕円形の小葉がつく。 表面に細毛があり、葉裏は粉白色を帯びる。 葉軸にも棘がある。
葉腋から20〜30センチの総状花序が斜上し、 花茎2.5〜3センチの黄色い花が多数咲く。 花柄は長く、萼片は黄緑色で5枚、花弁は5枚あり、 赤い網目紋のある花弁が立上り、 両脇にそれより大きい黄色い花弁が2枚ずつ広がる。 蝶形花とは形が異なる。 長くて赤い雄しべが10本あり、雌しべはそれに埋もれている。
豆果は長さ7〜10センチで、熟すと縦に裂開し、 楕円形で黒褐色の種子が数個現れる。
枝が絡む様子を蛇が絡む様子に見立てて、 蛇結茨と名付けたと言われる。 衣服が逆棘に絡まると、身動きできなくなることもある。

(2017/7/29)


鋭い逆棘がある。(2017/7/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る