イタチハギ

鼬萩

双子葉、離弁花、 マメ科、 イタチハギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2〜5メートル
別名:クロバナエンジュ
樹皮は灰褐色で、枝は細く、しなだれやすい。
葉は互生し、10〜30センチの奇数羽状複葉で、小葉は全縁の長楕円形で、 5〜10対ある。
初夏に枝先に6〜20センチの穂状花序を斜上させ、黒紫色の花を多数つける。 花弁としては旗弁(蝶形の花で上に立ち上がる花弁)だけがあり、 他は退化していて、黄色い葯が花穂を取り巻く。
マメ果は長さ1センチぐらいで表面にいぼがあり、細長い種子を1つ含み、 裂開しない。
北アメリカ原産。



枝先から穂状花序を数本出す。


黒紫色の花が咲く。


豆が1つずつ入った豆果ができる。(2015/10/28)


豆果の表面には粒々がある。(2015/10/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る