ホンコンドウダン

香港灯台

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 ドウダンツツジ属、常緑(日本では無霜地以外は落葉)、低木。 用語説明
花期:冬〜春 2月〜3月
高さ:1.5〜2メートル
寒さに弱く、日当たりと水はけの良い所を好む。
樹皮は灰褐色で平滑である。
葉は先の尖った楕円形で、厚みがある。 枝先に花が咲く時に若葉も束生する。 (枝先の冬芽の中から、花と葉が束生する。)
1つの萼の中から数個の花が花柄をのばして、下向きに咲く。 花は釣鐘形で、葉柄や基部は紅色で、先は5浅裂する。
果実は5稜のある楕円形で、上を向き、 熟すと5裂して、褐色の種が5個出る。
香港、中国南部原産。 中国では旧正月に咲くので好まれる。

(2017/3/10)


釣鐘形の花と若葉が枝先に束生する。(2017/3/10)




突き出した雌しべのまわりに雄しべが多数ある。花冠は5浅裂。(2017/3/10)


花は蝋細工のような鐘形で、基部は紅色。(2017/3/10)


葉は尖った楕円形で、先が針状に尖るものもある。(2017/3/10)


5稜のある果実ができつつある。(2017/3/10)


樹皮は灰褐色。(2017/3/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る