ヒトツバタゴ


双子葉、合弁花、 モクセイ科、 ヒトツバタゴ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:30メートル
別名:ナンジャモンジャ
幹は灰褐色で縦に割れ目が入る。
葉は4〜10センチの長楕円形で、長い葉柄を持ち、全縁で、対生する。 托葉を持たない単葉である。 裏面脈上に軟毛がある。
雌雄異株であるが、雄花を付ける株と両生花をつける株があり、 雌花しかつけない株はない。
春に新枝の先に円錐花序をつける。 花冠は白く、深く4裂して散開する。
果実は約1センチの楕円形の核果で、秋に黒く熟す。
対馬や木曽などにわずかに自生するが絶滅危惧種に指定されている。
米国東南部原産のアメリカヒトツバタゴは、 樹高が10メートル以下で、花弁が細くて長く、 花に芳香がある、などの違いがある。




白くて細長い花弁が4枚ある。




花盛り。









葉は長楕円形で、対生する。(2017/5/19)


葉裏には淡褐色の軟毛がある。


幹にはコルク層がある。


落葉高木である。 (2018/1/7)


アメリカヒトツバタゴは小高木。


アメリカヒトツバタゴは花弁が細くて長い。(2017/5/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る