ヒトツバハギ

一つ葉萩

双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 ヒトツバハギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:1〜3メートル
樹皮は灰褐色で、縦にひび割れ、小枝は冬に枯れる。 枝は細長くて垂れる。
葉は両端のとがった長楕円形で全縁であり、少し波打ち、互生する。
雌雄異株で、夏に葉腋に淡黄緑色の小さい花が咲く。 雄花は花柄が短く、雌花は1センチぐらいの花柄があり、両者とも束生する。 花弁は見えない。
果実は偏球形の朔果で、3つの溝があり、1センチぐらいの柄の先につく。 10〜11月に熟して3裂すると、褐色の種子が6個現れる。

(2017/10/26)


偏球形の刮ハが葉腋にぶら下がる。 (2017/10/26)


若枝は淡緑色で古枝は灰褐色。


葉は両端が鈍くとがる楕円形。


葉は全縁で、互生状につく。(2015/10/28)


若枝は淡緑色。長くのびると垂れる。


黄緑色の花が咲くが、小さくて目立たず、花弁も見えない。(2017/6/6)


蕾は葉腋に数個ずつ付く。(2017/5/19)


(2016/7/28)


樹皮は灰褐色で粗い。(2017/10/26)


老木では樹皮は縦にひび割れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る