ヒメリンゴ

姫林檎

双子葉、離弁花、 バラ科、 リンゴ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:4メートル以上
若枝は淡褐色で滑らかあるが、幹は灰褐色で樹皮が剥離する。
葉は6〜10センチの楕円形で互生し、鈍鋸歯があり、表面にしわがあって、 裏面に短毛が密生する。
初夏に短枝の先の散形花序に3.5〜5センチの5弁花をつける。 花ははじめ淡紅色で開くにつれて白くなる。
果実は2.5センチぐらいの球形の梨状果で、濃紅紫色に熟す。 昔のリンゴの味で、少し酸っぱい。







小さい丸いリンゴが赤く実る。(2015/12/20)


(2015/12/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る