ヒカゲツツジ

日陰躑躅

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 ツツジ属、常緑、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:1〜2メートル
樹皮は灰褐色〜灰白色で、うろこのようになってはがれ落ちる。
葉は互生し、3〜7センチの披針形〜広披針形で、革質であるが薄く、 枝先に集まってつく。 表面は濃緑色であるが裏面は淡黄緑色である。
枝先に黄色い漏斗状で長さ3〜4センチの花を2〜5個つけ、 花冠は5中裂する。
円柱状の朔果をつける。



葉は革質で、枝先に集まって互生する。(2017/10/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る