ハナミズキ

花水木

双子葉、離弁花、 ミズキ科、 ミズキ属、落葉、広葉樹、中高木または高木。 用語説明
花期:春 4〜5月
高さ:5メートル(原産地アメリカでは12メートル)
別名:アメリカヤマボウシ
樹皮は灰黒色で、長方形の深い割れ目がある。
葉は枝先に集まって対生し、卵状楕円形または卵円形で、 先が短くとがる。裏面は伏毛が密生し、粉白色を帯びる。
花は葉と同時か葉より先に枝先に開く。 総苞片が淡赤色または白色で、4〜6センチの花弁のように開き、 広倒卵形で先端がへこむ。 総苞片の中心に黄緑色の小さな花が15〜20個集まった球形の 頭状花序がある。
果実は長さ1センチぐらいの楕円形の核果で、9〜10月に暗赤色に熟す。

花。花弁のように見えるのは総苞片。




中央部にある蕾。(2017/4/22)


ベニハナミズキ


白い花もある。




果実のできはじめ。柱頭が残っている。(2015/5/10)


未熟な楕円形の核果。(2015/6/10)


熟した果実。花柱の痕がある。


葉は卵形で先が尖る。(2015/5/10)


葉裏は粉白色。


鮮やかに紅葉する。


若枝はなめらか。


樹皮は灰黒色。


老木の樹皮は鱗状にひび割れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る