ギョリュウバイ

魚柳梅

双子葉、離弁花、 フトモモ科、 ギョリュウバイ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春、秋〜冬 2〜5月、11〜12月
高さ:0.3〜5メートル
別名:ティーツリー
樹皮は灰褐色で、縦に裂けて剥がれる。
葉は先の尖った小さな狭楕円形で互生し、やや固い。 葉柄はほとんど見えない。
枝の先近くに、小枝が多数出て、 その各々の先や葉腋に、 白や紅色で直径1〜2センチの花が咲く。 5弁であるが、八重咲きもある。 花を受ける花托は、すり鉢のような形となる。
刮ハは直径約1センチのすり鉢に饅頭を置いたような形で、 5裂しそうな放射状の筋がある。 中に細長い種子が多数入っている。
ニュージーランド、オーストラリア原産。

(2016/4/29)


花は小枝の先につく。(2016/4/29)


花の近接写真。(2017/3/30)


蕾を支える花托はすり鉢形(円錐形)となっている。(2016/4/29)


花後、花托が露出する。(2017/3/30)


花托が膨らみ始める。(2017/3/30)


饅頭に縦筋が入ったような刮ハができる。(2017/3/30)


葉は先の尖った狭楕円形で、互生する。(2016/10/2)


(2016/10/2)


樹皮は灰褐色で、縦裂けして剥がれる。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る