ゴシュユ

呉茱萸

双子葉、合弁花、 ミカン科、 ゴシュユ属、落葉、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:夏 8月
高さ:3〜5メートル
樹皮は黒褐色でまるい皮目がある。
葉は対生し、奇数羽状複葉で、小葉は10〜20センチの楕円形で先がとがる。 葉柄や花序に細毛が密生する。
8月頃に枝先に円錐花序をだし、淡緑白色の小花をつける。 花弁が4枚あり、丸い緑色の子房が見える。 雌雄異株で日本には雌株が少なく、 果実はできても種子はほとんどできない。
果実は朔果で直径5〜8ミリの扁球形で、赤褐色で異臭がある。
腹痛や湿疹の薬の材料にする。



若枝に細毛が密生する。(2016/4/15)


葉柄にも細毛が密生する。(2016/10/2)


奇数羽状複葉が対生する。


葉裏は淡緑色。


果実は5個の分果からなる。


秋に赤紫色に熟す。


赤ん坊の握り拳のよう。(2017/10/31)


小枝は密には繁らない。 (2018/1/10)


落葉小高木である。 (2018/2/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る