ギンヨウアカシア

銀葉アカシア

双子葉、離弁花、 マメ科、 オジギソウ属(アカシア属の説もある)、常緑、中高木。 用語説明
花期:冬〜春 2月〜4月
高さ:10メートルぐらい
別名:ミモザ
樹皮は灰緑色で横長のすじが入り、成長が早く、樹形が乱れがちになる。
葉は偶数2回羽状複葉が螺旋状に密に互生し、小葉は8〜20対あり、 白い粉をかぶって銀緑色に見える。
黄色い小さい花が球状に集まった頭状花序を多数枝先に総状につける。 花の花糸は黄色くて長い。
豆果は長さが5〜12センチで扁平であり、赤褐色の袋の種子の間がくびれる。
オーストラリア原産。



葉は偶数2回羽状複葉で、裏が銀緑色。


黄色い花が球状に集まる。


花糸が黄色くて長い。(2017/3/1)


花期にはよく目立つ。


細長くて扁平な豆果が多数できる。(2015/6/10)


樹皮が鱗状にひび割れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る