ギンバイカ

銀梅花

双子葉、離弁花、 フトモモ科、 ギンバイカ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:2〜3メートル
別名:ギンコウバイ(銀香梅)、マートル
樹皮は淡褐色で、老木では薄く剥がれる。
葉は長さ3〜5センチ、先のとがった全縁の卵形で、葉柄はほとんどなく、 光沢があって、対生する。 葉をもむとユーカリに似た芳香がする。
花は枝先に単生し、白い5枚の花弁が平開し、 多数の長くて白い雄しべが放射状に開く。
楕円形の梨状果が青黒色に熟し、中に扁平な腎形の種子が数個ある。 果実は食べることができる。
ハーブとして使われる。
地中海沿岸原産。

(2016/11/26)


(2016/11/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る