ゲッキツ

月橘

双子葉、合弁花、 ミカン科、 ゲッキツ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜9月
高さ:3〜8メートル
樹皮は灰褐色で縦筋ができるが、若い枝は緑色である。
奇数羽状複葉が互生する。(頂小葉が退化して偶数羽状複葉となることもある。) 小葉は長さ2〜4.5センチの倒卵形で、革質で光沢があり、 裏面に油点がある。
枝先や葉腋に白い5弁花が咲き、良い香りがする。 花弁は長さ1〜2センチあり、鈍頭で、 開花すると反り返り気味となる。
果実は小さなミカン果で、長さ1〜1.5センチの卵形であり、 表面に小さなイボ状突起があり、冬から翌春にかけて赤く熟す。
材は固くて、細工物に使われる。
インド、東南アジア原産。

葉は奇数羽状複葉で、小葉は倒卵形。 (2018/10/20)


樹皮は灰褐色。 (2018/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る