チョウジノキ

丁子木

双子葉、離弁花、 フトモモ科、 フトモモ属、常緑、広葉樹、中高木。 用語説明
花期: 7月〜9月
高さ:5〜10メートル
別名:ヒャクリコウ(百里香)
幹は直立し、樹皮は灰褐色で平滑である。
葉は長さ約7センチの尖った楕円形で、全縁で光沢があり、 油点があって、対生する。 若葉は淡緑色であるが、深緑色へと変色し、葉裏は灰緑色となる。
枝先の集散花序に小さい4弁花を多数つける。 花は最初は白いが淡紅色へと変色してゆき、芳香がある。
果実は長さ約2センチの紡錘形で、褐色である。
開花直前の蕾を採取して乾燥させると、 丁子(グローブ)という香料となる。 (最近は小枝や葉からも香油を抽出できるようになった。)
モルッカ諸島原産。

(2017/3/30)


葉は光沢があり、縁が少し波打つ。(2017/3/30)


葉は対生する。葉脈が透けて見える。 (2018/10/16)


若葉は赤い。 (2018/10/20)


樹皮は灰褐色で平滑。(2017/3/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る