チドリノキ

千鳥の木

双子葉、離弁花、 カエデ科、 カエデ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:8〜10メートル
樹皮は暗灰色で皮目が点在する。
葉は先のとがった7〜15センチの卵状長楕円形で、対生し、鋭い重鋸歯があるが、 イロハカエデのような切れこみはない。 葉脈がへこんでしわがよったように見える。
雌雄異株で、5月頃、対生する葉の間から、長さ5〜8センチの総状花序 を出し、淡黄色の花を10個ぐらいつける。 萼と花弁は4個であることが多い。
果実は翼果で、長さ2.5〜3センチの分果が対となって直角に開き、 1つの花序にそれがそれがいくつも連なった形となる。 (それで千鳥が連なって飛ぶように見える。)



総状花序に淡黄色の花をつける。葉脈がへこんでいる。


葉は卵状長楕円形で、先がとがり、重鋸歯があって、対生する。




樹皮は暗灰色で皮目がある。





落葉中高木である。 (2018/10/7)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る