ブーゲンビリア


双子葉、合弁花?、 オシロイバナ科、 ブーゲンビリア属、つる性、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:3〜5メートル
熱帯では年間を通して花が咲き、暖地では常緑である。
気候が合えば枝を旺盛にのばす。枝に逆向きの棘のあるものが多い。 茎は灰褐色で縦のひび割れがある。
葉は先のとがった卵形で、互生し、光沢がある。 裏面に黄褐色の毛が密生する。
花は枝先に総状に咲き、色は赤紫が多いが白や黄色などもあって、多彩である。 三角形の花弁のように見えるのは苞葉で、3枚ある(6枚のもある)。 苞葉に囲まれて、小さいラッパ状の萼をもつ花が各苞葉の主脈の 基部に1つずつあり、その花には花弁がない。
日本では種はほとんどできない。
原産地:中南米。 多くの品種がある。



葉は尖った卵形で、互生する。(2017/3/30)


花弁のように見えるのは苞葉で、その内側に細長い蕾が3個ある。(2017/1/19)


開いた花。筒状の白い萼が開く。花弁はない。(2017/6/6)


つる性でよく茂る。(2017/6/6)


樹皮は灰褐色で、縦にひび割れる。(2017/1/19)


枝には鋭い棘がある。(2017/1/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る