ブルーベリー


双子葉、合弁花、 ツツジ科、 スノキ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:1〜3メートル
根元から太いシュートが立ち上がり、 互生状によく分枝する。若枝は横広がりにのびる。 古い幹からは細い枝が出る。 樹皮は灰褐色、若枝は緑色を帯びる。
葉は互生し、3〜7センチの先のとがった楕円形で、晩秋に紅葉する。
枝から出る細い花茎の先に淡桃色を帯びた壺形の花が数個ずつ下向きに咲く。
直径約1センチの丸い液果がつき、晩夏に黒紫色に熟す。 甘酸っぱくて食用にされる。 古い幹から出る細い枝にはあまり実がつかない。
原産地:南アメリカ、北アメリカ。
多くの品種がある。



蕾。(2017/3/30)


花は壺形で、ドウダンツツジに似ている。(2015/5/6)


(2016/4/15)


品種によって葉や花の形などが異なる。(2016/5/5)


花後(結実の初期)。(2015/5/6)




結実中。(2015/7/2)


果実は黄緑色→赤色→黒紫色と変化する。


ウサギの目のように中心部が赤いラビットブルーベリー。(2015/7/2)


ラビットブルーベリー。(2016/7/27)


葉はツツジに似ている。


幹は灰褐色で、枝は横に広がる。落葉低木である。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る