ボタンクサギ

牡丹臭木

双子葉、合弁花、 クマツヅラ科、 クサギ属、落葉、広葉樹、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:1.5メートルぐらい
別名:ヒマラヤクサギ、ベニバナクサギ
地下茎で群生し、よく茂る。 幹は直立して、あまり枝分かれしない。 樹皮は緑色で、若い茎には軟毛があるが、 古くなると毛が落ちて葉痕が残り、皮目ができる。
葉は8〜15センチの広卵形で先が尖り、鋸歯があり、 有柄で対生し、裏面に腺毛が密生する。 葉や枝を傷つけると、青臭い臭気がある。
高坏形で先が5裂した薄紅色の花が、あじさいのように枝先から出る 半球状の集散花序に集まって咲き、よい香りがする。蕾は濃紅色。
果実は直径約1センチの球形の核果で、碧黒色に熟す。
繁殖力は旺盛である。



葉は尖った広卵形で鋸歯がある。葉柄は赤みを帯びる。 (2018/7/9)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る