ビワバアオキ

枇杷葉青木

双子葉、離弁花、 ミズキ科、 アオキ属、常緑、広葉樹、中高木。 用語説明
花期:春 3月〜月
高さ:メートル
若枝は緑色であるが、成長すると黒褐色になり、縦縞がある。 毎年1段ずつ枝を広げる。
葉は厚手の長楕円形で対生し、先が棘状になった大きな鋸歯があり、 葉脈がへこむ。 葉裏は白い。
枝先の円錐花序に淡黄色の4弁花が密集して咲く。
楕円形で緑色の核果を数個つけ、12月頃赤く色づく。
中国雲南省原産。



葉は対生し、枝先の円錐花序に淡黄色の花が咲く。


葉裏は白く、若枝は緑色。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る