バイカウツギ

梅花空木

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科、 バイカウツギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜3メートル
樹皮は灰褐色で縦にさけてはがれ落ち、若枝は褐色で軟毛がある。
葉は先の鋭くとがった4〜10センチの卵形〜長楕円状卵形で、 浅い鋸歯があってかたい。対生する。
初夏に枝先の集散花序に4弁の白い花を5〜9個つける。花冠は直径 2.5〜3センチで、花弁の先はまるく、平開する。 芳香がある。
丸い朔果をつけ、9〜10月に熟して翼のある褐色の種子を出す。



枝先の集散花序に4稜のある蕾をつける。(2016/4/29)


花は4弁で白い。Photo by H. O. (2002/6/4)


花弁の先は丸く、萼片の先は尖る。 (2018/5/24)


葉は先のとがった卵形で、浅い鋸歯がまばらにあり、対生する。


上部の葉では鋸歯が目立たなくなる。 (2018/5/24)




樹皮は灰褐色で、縦に剥がれる。(2017/5/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る