バイカツツジ

梅花躑躅

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 ツツジ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜2メートル
枝はよく分枝し、樹皮は灰褐色で、 若枝には長い腺毛がある。
葉は3〜7センチの楕円形で、枝先に集まって互生する。 鈍い鋸歯があり、表面には毛がまばらに生え、裏面は粉白色をおびる。 葉柄にも腺毛がある。
葉が展開したあと、葉の下に直径約2センチの皿形の白い花が数個咲く。 花冠は5裂し、上側の裂片に紅紫色の斑点がある。
直径約5ミリの卵球形の刮ハがつき、腺毛が生えている。



葉は楕円形で鈍い鋸歯があり、枝先に集まって互生する。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る