アワブキ

泡吹

双子葉、離弁花、 アワブキ科、 アワブキ属、落葉、広葉樹、中高木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:10メートル
樹皮は紫色を帯びた灰色で、楕円形の皮目がある。
葉は長さ10〜25センチの長楕円形で互生し、表面は緑色、 裏面は淡緑色で淡褐色の毛が密生する。 低い鋸歯があり、葉先はとがる。
新枝の先に15〜25センチの円錐花序を出し、 淡黄白色の小さい花を多数つける。 花弁は5枚で、外側の3枚は大きな広卵形で、 内側の2枚は小さい線形である。 花に芳香がある。
果実は5ミリぐらいの球形の核果で、 葉が緑のうちから赤く熟す。
この木を燃やすと切り口から盛んに泡を吹く。



葉は長楕円形で互生し、葉脈が明瞭である。




黄葉する。


小さくて丸い果実が赤く熟す。 (2018/10/2)


樹皮は皮目があるが、おおむね平滑である。 (2018/1/7)


高木である。 (2018/1/21)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る