アシュワガンダ


双子葉、合弁花、 ナス科、 ウイザニア属、常緑、低木。 用語説明
花期:秋 9月頃
高さ:1〜2メートル
茎よく分枝し、微毛で覆われ、若枝は緑色である。
葉は長さ5〜15センチの楕円形で先がやや尖り、全縁である。
秋に直径約1センチで黄緑色の花が数個葉腋に咲く。 花冠は5裂する。
果実は小さくて丸い液果で、冬に赤く熟す。
生薬として利用される。インドなどで古くから広く利用されている。

(2017/9/30)


葉は先の少し尖った楕円形。(2017/9/30)


花冠の5裂する花が葉腋につく。(2017/9/30)


茎や葉柄などが白い微毛で覆われる。(2017/9/30)


茎は直立後分岐する。(2017/7/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る