アサダ


双子葉、離弁花、 カバノキ科、 アサダ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:25メートルぐらい
樹皮は暗褐色または灰褐色で、浅く縦に裂けて、下向きに反り返った薄片と なって幹を覆う。
葉は互生し、先のとがった6〜12センチの狭卵形で、ふぞろいな鋸歯があり、薄い。 若葉には毛が密生するが、しだいに少なくなる。
雌雄同株で、 葉の展開と同時に前年枝の葉腋から5〜6センチの黄褐色の尾状の 雄花序が数本垂れ下がり、 雌花序は緑色で細く、新枝の先端に2個ずつつく。 花弁は見えない。
果穂には、5〜6センチの扁平で袋状の果苞がやや開き気味に重なり合う。 果苞は扁平な長楕円形の堅果をつつむ。
材は紅褐色で緻密でかたく、粘りがある。



暗褐色〜灰褐色の樹皮が浅く裂けて、薄片となって幹を覆う。


葉は先のとがった狭卵形で、ふぞろいな鋸歯があり、薄い。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る