アリドオシ

蟻通し

双子葉、合弁花、 アカネ科、 アリドオシ属、常緑、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜60センチ
枝の変化した8〜20ミリの鋭い棘があり、 若枝には曲がった短毛がある。 樹皮は灰褐色である。
葉は対生し、長さ7〜20ミリの卵形で全縁であり、大小2つの形のが交互につく。
春に枝先や葉腋に白い花を2つずつつける。 花は先の4裂した漏斗形である。
直径5ミリぐらいの球形の核果をつけ、秋に赤く実る。 先にとがった萼がついている。



葉は卵形で、対生する。


(2017/10/31)


鋭い棘がある。


球形の核果の先に萼が残っている。


樹皮は灰褐色。(2017/10/31)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る