アオキ

青木

双子葉、離弁花、 ミズキ科、 アオキ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:2メートル
幹は根元近くから分枝し、緑色で、灰褐色の細い溝があり、 枝はやや柔らかい。
葉は10〜15センチと大きい卵状長楕円形で、厚くてつやがあり、 鋸歯があって対生する。
雌雄異株で、前年枝の先に出る円錐花序に、茶色の小さい4弁花をつける。 雄木がないと雌木に果実がつかない。
果実は楕円体の核果で光沢があり、冬に赤く熟す。
日本原産。





(2016/1/10)


若い果実にはゆがんだ楕円形のもある。




円錐花序が枝先に出る。


花は紫褐色で、小さくて地味。


雄花では雌しべが退化している。花弁と雄しべは4個。


花弁と雄しべが5個の花もある。(2017/4/2)


雌花には雄しべがない。


(2017/4/2)


雌花は花柱の先が2つに開く。(2017/4/22)


葉は対生し、つやがあって、大きな鋸歯がある。


(2016/1/10)


葉裏は淡緑色。(2015/1/18)


長楕円形の若葉が左右対称に出る。(2015/4/12)


幼樹。(2015/2/21)


斑入り。


ホウライアオキ(蓬莱青木)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る