アオハダ

青膚

双子葉、離弁花、 モチノキ科、 モチノキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5〜6月
高さ:12メートル
樹皮は灰白色で皮目があり、外皮は薄く、 爪ではぐと緑色の内皮が露出する。 枝には短枝が多くつく。 短枝は葉痕をつけながら、年々少しずつのびる。
葉は短枝の先にかたまって互生するが、 間隔が短いと束生しているように見える。 葉柄は1〜2センチで、葉身は長さ3〜7センチの広楕円形〜広卵形であり、 鋭い浅鋸歯がある。表面には細毛が散生し、裏面の脈上にも毛がある。
雌雄異株で、短枝の先に直径約4ミリの小さい緑白色の花が束生する。 花は4〜5弁で、雄花には花柄がはっきり見えるが、 雌花には花柄がほとんど見えず、緑色で丸い雌しべが見える。
果実は直径約7ミリの球形の核果で、9〜10月に赤熟する。 中に3角状楕円形で縦の稜のある核が4〜5個入っている。
材は寄せ木細工などに使われる。

緑白色の小さい花が短枝に束生する。(2015/5/10)




葉は広卵形で浅鋸歯がある。(2016/4/15)


(2015/5/10)


樹皮は灰白色で皮目がある。(2015/5/10)


(2017/9/30)


幼樹の幹は緑色。(2015/5/6)


(2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る