アミガサギリ

編笠桐

双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 アミガサギリ属、落葉、低木。 用語説明
花期: 月
高さ:2〜3メートル
幹は直立して赤みを帯びる。
葉は6〜18センチの大きな広卵形で、互生し、細鋸歯がある。 葉脈は紅色を帯び、長い葉柄も紅色を帯びる。 葉脈が葉柄に接続する部分に腺がある。
前年葉腋には淡緑色の雄花が束生し、 当年葉腋には雌花と雄花が頭状に混生する。 花には花弁は無いが小さな萼片があり、雄しべは8本ある。 雌花の柱頭は3本あり、赤い角状にのびる。
球形の堅果ができ、若い果実には赤い柱頭が残る。 堅果には縦筋があって細毛が密生し、熟すと褐色になる。

丸い果実に赤い柱頭が3本残っている。(2017/6/3)


葉は広卵形で細鋸歯がある。(2017/6/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る