アメリカイワナンテン

アメリカ岩南天

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 イワナンテン属、常緑、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:50〜150センチ
別名:セイヨウイワナンテン
湿った半日蔭に育ち、地下茎を横にのばして群生する。 根元から多数の枝が株立ちし、弓状に垂れ下がって横にのびる。 若枝は赤紫色を帯び、ジグザグに屈折する。
葉は長さ約15センチの長楕円形で先がとがり、 革質で光沢がある。浅い鋸歯があって互生する。 葉に斑入りのが多い。
葉腋から出る総状花序にアセビに似た白い壺形の小さい花を 多数下向きにつける。
果実は偏球形の刮ハで、灰褐色に熟して5裂する。
グランドカバーとして利用される。



(アセビのような)壺形の白い花が咲く。(2015/5/10)


(2015/5/10)


若枝は赤紫色を帯びる。葉は革質で光沢がある。


多くの品種がある。(2016/11/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る