アカガシワ

赤槲

双子葉、離弁花、 ブナ科、 コナラ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春
高さ:30メートルぐらい
樹皮は灰黒色で、不規則に深い縦の割れ目が入る。
葉は互生し、長さ20センチぐらいで羽状に大きく深裂し、 裂片の先は針のようにとがる。葉につやがある。 秋に真っ赤に紅葉する。
雌雄同株で、若枝の葉腋から尾状に長い淡黄緑色の花序を 何本も垂れ下げる。花序には花がややまばらにつく。
ドングリは翌年の秋に熟し、長さ2.5センチぐらいで太く短い。 穀斗には鱗状の模様がある。
北アメリカ原産。



横広がりに枝を伸ばす。


葉は大きく、カシワのように大きな切れ込みがある。


紅葉しはじめ。晩秋には真っ赤になる。


幹。樹皮に不規則な縦の割目がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る