アカガシ

赤樫

双子葉、離弁花、 ブナ科、 コナラ属、常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20メートル
幹は緑灰黒色で鱗状にはがれ、枝は黒紫色となる。 材は淡紅褐色で、かたくて粘りがあり、木刀や農具などに利用される。
葉は7〜15センチの長楕円形で全縁であり、先端が長くとがり、 革質で光沢があって互生する。 若葉には褐色の軟毛が密生するが、まもなく両面とも無毛になる。
雌雄同株で、 初夏に長さ6〜12センチの黄褐色の雄花序が新枝の下部から多数垂れ下がり、 新枝の上部の葉腋に雌花が数個直立する。
果実は堅果で、1年目は小さく、2年目の夏に2センチぐらいの 卵球形に成長し、秋に褐色に熟す。殻斗には鱗片が合着した 同心円状の輪が10個ぐらい並ぶ。



葉腋に堅果が数個つく。




殻斗に同心円の模様ができる。


葉は深緑色の長楕円形で、革質で光沢があり、互生する。


葉裏は淡緑色。


葉先が長くとがり、葉裏に葉脈が盛り上がる。


葉はよく繁る。






幹の皮はうろこ状にはがれる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る