アカバナトチノキ

赤花栃ノ木

双子葉、離弁花、 トチノキ科、 トチノキ属、落葉、広葉樹、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:6〜15メートル
別名:アカバナアメリカトチノキ
樹皮は灰褐色。
葉は掌状複葉で対生し、小葉は8〜15センチの倒卵形で鋸歯があり、 側脈が平行に並び、裏面の葉脈に毛がある。
初夏に枝先に円錐花序を直立させ、紅色の筒状花を多数横向きにつける。 花弁は完全には開かない。
果実は楕円状の刮ハで、裂けると赤い種子が見える。 種子は有毒である。
北米原産。

枝先に円錐花序が直立する。


赤い筒形の花が横向きに咲く。(2015/5/6)


(2016/5/5)


掌状複葉が対生する。


小葉は大きくて垂れ下がり、葉脈が縁に向けて平行に走る。


若葉。(2016/4/15)


楕円形で低い稜のある刮ハのできることがある。(2017/5/19)


樹皮は灰褐色で滑らか。(2016/4/15)


(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る