ヤブガラシ

藪枯らし

双子葉、離弁花、 ブドウ科、 ヤブガラシ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
地下茎が少しでも残っていると芽を出し、他の植物に覆い被さって 旺盛に繁茂する。茎に稜があり、葉に対生する巻きひげでからむ。
葉は互生し、5小葉からなる鳥足状複葉で、小葉は狭卵形で鋸歯があり、 頂小葉は長さ4〜8センチ。葉脈が裏に突出し、赤みをおびる。
花は葉に対生する集散花序につき、直径葯5ミリで花弁は緑色をしていて、 あまり目立たない。花弁と雄しべは半日で散り、橙色の花盤が 残って蜜を出す。
関東では多くは3倍体で結実しないが、 関西以西では2倍体のものもあって希に球状の液果をつけ、 黒く熟す。

淡緑色のは蕾で、橙色のが花。






双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る